読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

eatlocaljapan’s diary

日本のゴハンは美味しい!

日本の食事はしょっぱい?

f:id:eatlocaljapan:20170306145635j:plain

インタビューより。

美味しさ自慢の日本のご飯ですが、意外にも「しょっぱい」というコメントがありました。

特定のお店が塩辛かったのかもしれませんが、実際、日本の塩分摂取量は世界各国の中でも多い方のようです。2010年の調査によると、日本は世界で15番目に多く、1日の平均は12.4gでした。上位は中央アジアの国々で、韓国や中国も多い方に属しますが、欧米諸国は平均10g以下がほどんどです。

順位塩分摂取量(/人/日 単位グラム)
1 カザフスタン 15.2
2 ウズベキスタン 14.3
3 モーリシャス 13.8
4 トルクメニスタン 13.8
5 タジキスタン 13.7
6 キルギスタン 13.7
7 バーレーン 13.7
8 タイ 13.5
9 ジョージア(グルジア 13.5
10 韓国 13.2
11 シンガポール 13.1
12 モンゴル 13.1
13 アゼルバイジャン 12.9
14 アルメニア 12.5
15 日本 12.4
16 中国 12.3
17 ベトナム 11.7
18 ミャンマー 11.4
19 東ティモール 11.4
20 ラオス 11.3

 出典:World Cancer Research Fund International

1950年ごろの調査では、日本は20gくらいあったらしいので、随分減塩したのですが、それでもやはり、お味噌汁や漬物などの保存食の塩分が影響しているのでしょう。

実際の味覚でも、アメリカで販売されているカップラーメンは、日本のものと比べて味が薄い印象があります。冒頭のコメントも欧米系の方からのものでした。もしかしたら、塩分という意味では欧米の方はもう少し薄味の方が違和感がないのかもしれません。

とはいえ、単純に塩を減らして美味しさを損なうのも本末転倒で、無理やり味を変える必要はないと思います。ただ、塩分量は気になる方もいるかと思いますので、時々実際の量をチェックすると良いのかもしれませんね。