読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

eatlocaljapan’s diary

日本のゴハンは美味しい!

ハワイのポキ 

f:id:eatlocaljapan:20170307175124j:plain

ご存知の方も多いハワイのグルメ「Poke(ポキ)」、魚介類の切り身を様々なシーズニングで和えたものです。

生のまま食べますので、日本からの移民が持ち込んだ食文化だと勝手に思っていたら、実は生の魚を食べる習慣はハワイにはずっと昔からあったようです。伝統的なメニューは、aku poke (カツオ)he'e poke (タコ)だそうです。魚は種類を分けるのが難しいので、akuイコール100%カツオかどうかは不明ですが、きっと近海で豊富に獲れたんですね。

マグロやサーモンを使ったpokeは前菜やサラダとしても提供されますし、最近はポキ丼としてごはんの上に乗せたお弁当スタイルも人気です。味も、醤油味(これは日系人の影響らしいです!)キムチ味、いろいろなバリエーションがあって、ワサビ味は特に美味しいと思います。

自宅でもポキを作ることが多く、マグロの切り身の柵をスーパーで探すのですが、実はポキには、本マグロではなくメバチやキハダの方が合うようです。本マグロは赤身でも非常に滑らか、かつ、ややネットリとした舌触りで、ポキにはちょっとしつこい感じがしてしまいます。メバチやキハダのように比較的あっさりとしたマグロの方が、ごま油などを入れたシーズニングにしっくりくるのです。リーズナブルなマグロの方が美味しくできるなんて、家計にも嬉しいご馳走です。

limu(オゴノリ・上記写真の海藻)を入れると本格派pokeになりますが、なかなか常備できないので、ネギや玉ねぎ、青じそ、ワサビなどをたっぷり入れます。カルパッチョ風にアレンジしたい場合はオリーブオイルを少したらすと、日本のお刺身料理の繊細さとはまた違ったおいしさを楽しむことができます。 

最近は日本のレストランでもメニューとして提供するお店が増えているようですので、行ってみたいと思っています。