読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

eatlocaljapan’s diary

日本のゴハンは美味しい!

電線のある風景

 

f:id:eatlocaljapan:20170308132928j:plain

東京都では、2020年に向けて可能な限りの無電柱化を目指し、中心街などから工事を急いでいるようです。

電線の地中化は、電柱より工事費用が相当大きくなりますが、景観、メンテ費用、災害時に危険物となるリスクなど、総合的に考えれば順次移行していくのがあるべき方向なのでしょう。

と考えていたところ、面白い感想を耳にしました。電線が日本の風景として郷愁を誘う、のだそうです。聞くと、訪日客の中には、路地の電柱をカメラに収めていく人もいるそうで、理由は、日本のドラマやアニメの中にいつも出てくるから、ということです。

確かに昔のドラマを思い返すと、夕暮れの住宅街には必ず電柱があったような気もします。はっきりと覚えているアイテムではありませんが、電線や電柱があった方がそれらしい感じはします。

海外の方で日本の映像を見ていた方にも同じような感覚を呼び起こさせ、自国にはない風景であれば、更にその違いを大事に思うのかもしれません。

私たちが、海外の風景として屋台街やバイクの渋滞をノスタルジックに感じるのと似た感覚なのかもしれません。現地では完全に日常生活の一部で、必ずしも望んで行っているわけでもないことも含めて、第三者の視点というのは面白いものです。

渋谷の交差点もそうですが、意外な点が観光資源になる可能性があるので、古いから不便だからという理由で壊してしまう前に、内外の評価を聞いてみるのが良いと思いました。