Cherish Local Japan

もっと日本を楽しむために

Netflix版 赤毛のアン 「アンという名の少女 (Anne with an "E")」Season1

f:id:eatlocaljapan:20170514104833j:plain

先日配信が始まったばかりのNetflix赤毛のアン「アンという名の少女(Anne with an "E")」。シーズン1の全7話を一気に見てしまいました。

世界中、とりわけ日本でファンの多い「赤毛のアン」はこれまでにも様々な映画やTVシリーズが制作されてきましたが、このバージョンは原作に忠実な部分をキープしながらも大胆な解釈を加えた新しいスクリプトで、かなりのインパクトがあるようです。

 

キャスティング

まず主役Amybeth McNultyの見た目の「アン感」がすごいです。広いおでこに透き通るような青白い肌、顔いっぱいに広がったそばかす。小枝のように細い手足とジンジャーヘア。劇中で周りが心無い言葉で貶すのがなんとなくわかってしまうのですが、あと5年もしたらさぞかし美しい女性に成長するだろうなと思わせる絶妙な容姿です。他映像のアン役は「普通」に可愛く、醜いと虐められるアンとして共感するのがちょっと難しいのです。Amybeth McNultyのアンは、その違和感をきっちり取り除きつつも、将来の華を予見させる可憐さで、視聴者に奇妙な安心感を与えます。そして、もちろん素晴らしい演技力です。妄想弾丸トークの痛々しさがこれほど際立つのも、アンの繊細な心情をちゃんと理解しているからなのかなと思います。

養母となるマリラ Geraldine James も、生来の生真面目さからくる厳しさと、清貧に生きる気品が画面からにじみ出ます。深い皺が刻まれた化粧気のない顔も、当時の生活の現実を思い起こさせる大事な舞台装置となっています。

マリラの兄マシュー R.H. Thomson は、その寡黙さと不器用さを、こと丁寧に演じます。加えてアンへの一途な愛情が原作より一層深く表現されており、アンに与えた影響力と存在感の大きさを再認識させられます。

リアルさの追及

本作の新解釈の一つは、孤児院時代や働き手としての引き取り先に受けた虐待を、アンのフラッシュバックイメージとして明確に描いていることでしょう。この部分が「闇(dark side)」として海外のメディアでも取り上げられていますが、アンの利発ながら、ともするとエキセントリックになりがちな言動の深因として、非常に説得力があると思います。時代背景を考えても、そういう状況があった可能性は高く、アンがひたすら空想を喋り捲るシーンを何の予備知識もなく見ると、かなり「うざい」感じがしますが、その理由が彼女の気質だけではなく、心の奥底に御しがたい苦しみがあるのだということが見えてきます。
赤毛のアン」は児童文学に分類されることが多いようですが、不幸な生い立ちの空想好きの女の子が、周囲のやさしさと努力で幸せを手に入れた成功物語、という単純なストーリーではないと思います。過酷な環境に在った人間がいかに心を取り戻し、真っすぐ自己肯定ができるようになるには、やはり無償の愛情が不可欠なのだということを、奥深い闇との対比として鮮やかに見せてくれる本作は、これまでの赤毛のアンより、リアルで深みのある仕上がりとなっているのではないでしょうか。

マリラとマシューのそれぞれの恋の思い出も印象深いエピソードになっています。普通に家庭を築くチャンスはあったものの、様々な事情と家族に対する義務感で独身を貫かざるを得なかった背景が見えることで、単なる変わり者兄妹としてではなく、要領はあまり良くないけれど、自分を声高に主張することもなく慎み深く生きる二人の価値観がよくわかります。

また、撮影の舞台となるGreen Gablesの家や学校、内装、アンやマリラの服装もとても素敵です。豊富でない資材の中から大切に作られたであろうそれらは、質素で地味でお世辞にも上質とは言えないように思いますが、古びて隙間の空いた木の壁も、重くて不便そうな鉄瓶も人々の生活に欠かせない大事な生活用具なのです。他の映画などではもっと小綺麗なセットが多くて、どうもお芝居という感じが否めません。当時の普段着は擦り切れてくたびれてしまうことが容易に想像がつきますが、他作品では、スタイルだけヴィンテージで生地はどれも新品に見えるので、今回はそのあたりも慎重に検討されたのでしょう。

Prince Edward Islandの風景はため息が出るほど美しいです。でもこれは他作品でも引けを取らないので、この作品特有の強みにはならないかもしれませんね...

ちょっとだけ疑問

正統派の「赤毛のアン」ファンからみるといろいろな意見があるかと思いますが、私はその世界観を心から楽しむことができました。とても素晴らしい作品だと思います。

一つだけ気になった点をあげるとしたら、フェミニズムに関わるセリフが目立ったことでしょうか。もちろん、フェミニズム自体に異論があるわけではありません。当時の女性の理不尽かつ不公平な立場にも言いたいことは沢山あります。

 でも、アンの物語は女性であることの不利が含まれていたとしても、究極にはもっと大きなテーマを扱ったのではないかと思うのです。作者Lucy Maud Montgomeryがどう考えていたのかを正しく理解することはできませんが、フェミニズムにフォーカスが当たり過ぎると、他の大事な要素がぼやけてしまうような気がします。主制作スタッフは全員女性ということもあり、実は最も重要なポイントなのかと思いつつ、もう少し薄めの味付けでも良いかなと勝手な感想を抱きました。

次の配信が楽しみです。


Anne with an E | Clip: "Am I Talking Too Much?" [HD] | Netflix