eatlocaljapan’s diary

日本のゴハンは美味しい!

鞄修理と雑色商店街

先日鞄の修理をお願いするために大田区雑色のアンパサンド

ampersand-and.com

にお邪魔しました。その前に自分の地元の修理店に見積をしてもらったところ、予算の3倍以上になってしまったのであきらめ、こちらにメールで問合せをしてみたら良心的なお値段とともに、とても丁寧なお返事をいただき感激、電車を乗り継いで雑色まで行ってきました。

京急の駅を降りて雑色商店街を抜けたところにあるこぢんまりとしたシックな店に入ると、靴職人のオーナーが笑顔で迎えてくれました。

WEBサイトを拝見すると、お店は一人で運営されているとのこと、月に2日ほど開け、後は制作や修理作業をされているようです。時折海外からも修理の依頼が入るらしいですが、とびきり腕が良くて誠実に対応してくれる職人さんは、本当に日本の誇りです。忙しくなりすぎで困るかもしれませんが、大々的に海外宣伝したくなってしまいました。

f:id:eatlocaljapan:20170828123840j:plain*1

そして雑色商店街は、下町の懐かしい空気が心地よく染み渡る通りでした。丁度夏祭りの日だったようで商店街の店先にテーブルを出した即席露店が並んでいました。お肉屋さんのスティック付きフランクフルトは1本90円というびっくり地元奉仕価格。皆さんお知り合いのように和やかにお話しながら買い物をしている様子は、昭和の町の良い思い出がよみがえってきて、ちょっとキュっとした気持ちになります。都内に商店街数あれど、こんなに地元の人との距離が近いところはあまりないんじゃないかなぁ。私が訪日客だったら、言葉がわからなくてもいいから、邪魔にならないようにゆっくり歩いて回りたい、日本の日々の暮らしを実感できてワクワクしそうです。

【追記】

お願いしていた修理ができあがってきました。美しい!!素晴らしいです。感激。世界に向かって自慢したい。

*1:画像はアンパサンドさんではありません