Cherish Local Japan

もっと日本を楽しむために

お箸の置き方

日本での食事で一番活躍する道具と言えば、やはりお箸でしょうか。スプーンやフォークなども欠かせない役割がありますが、日常の食卓で最も登場回数が多いのは箸かと思います。

アジア地域でもお箸は食生活に根付いており、中国の箸は長くて先の尖っていないプラスチック製、韓国は平らな金属製、といった特徴が思い浮かびます。ただし、割りばしはどの地域でも比較的似た形状の印象です。製造元が限られているからか、あるいは使い捨てにするには効率の良い形が自ずと決まってくるからなのか、基本の長さも先端の形も日本で見るものとあまり変わらないようです。

さて、ジャパニーズフードの画像では象徴的にお箸を一緒に使うことも多いのですが、いろいろと見てきた中でお箸を揃えて撮影しないケースがどうも目立ちました。スタイリッシュに見せるために角度をつけるのでしょうか。下の画像のようにクロスさせたものも結構あります。

f:id:eatlocaljapan:20171022173314j:plain

(この画像はイメージです)

 

日本以外ではどういうマナーになっているかは詳しくはわかりませんが、お箸は揃えておく、ということを小さいころからうるさく言われているせいか、私たちはこういう置き方はちょっと居心地が悪くなってしまいがちです。日本人が撮影したんじゃないんだろうなぁと余計なことを考えてしまいます。

でも思い起こせば、私が海外に行った時、現地のマナーをちゃんと理解して行動しているかと言えば、全く自信はありません。事前にできるだけ情報を得て、不快にさせないように努力はしますが、わからないことも沢山あり、気づかないだけで結構な失礼をしているのかもしれません。

お箸のマナーなどは、実際の食事でも他人に迷惑をかけるようなこともほとんどないですし、目くじらをたてることではありません。海外から日本に来てくれる方が劇的に増えている昨今、いろいろ話題にのぼることも多いですが、やはり寛容な心でゲストを迎えていくのがベストだと思いました。何か特別な機会があれば、日本では、、というお話をしても良いかと思いますが、まずは楽しい思い出を持ち帰ってもらえればと思います。